忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

違う事


やはりライバルサイトとは違うことをやって、初めて検索結果の上位に表示されるようになってきます。ライバルサイトと同じことをやっていてもどんぐりの背比べ状態が続くばかりでいつまでたっても検索結果の上位に自分のサイトが表示されることはありませんし、もし上院表示されるにしても、時間と費用が掛かります。であれば、時間やお金をかけるよりも、他人・ライバルサイトと違うことをすればいいだけの事なのです^^。時間もお金もかけることはしなくて済むのです。ただし、他人やライバルサイトと違うことを考える時間は必要です。手当たり次第何でもやればいいというわけではありませんから。他人やライバルサイトと違うことを考えることに費やした方がいいのです。人気のキーワードで上位を狙うためにお金と時間をかけるのではなく。人気キーワードにお金と時間をかけるというのは、他の人もやっていることなので、どちらにせよいくらお金と時間を他人よりも使ったからと胃って差別化にはなりません。

熱い鉄だけを徹底的に打つ。冷めたら打たない、再加熱の努力もしない
地盤沈降が進むリアル店舗。地盤隆起のWeb店舗。中資本企業もSEO参戦
サイトアーキテクチャーとは。要所3つ。URL論理構造、HTML(ページ)論理構造、リンク論理構造
国内景気見通し。中小企業は?日本経済、2014年・2015年。構造面に着目
「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い
上位表示維持の足枷になる被リンク、足枷にならない被リンク。弱いバックリンク,強いバックリンク
Google検索の被リンク対策で「ドメイン分散」は必須。「IPアドレス分散」は必須では無い
テキストリンクを増やす
獲得済み被リンクに占めるニュー被リンクの割合が高まると順位不安定に。オールド被リンク増加で安定へ
重複コンテント(Content)セーフ、重複コンテンツContentsはアウト
Google当局が行う2つの調節。被リンク緩和・被リンク引締め、コンテンツ緩和・コンテンツ引締め
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズム下で発生する順位現象
「企業体力が有る」内に構造改革を進めるのが経営家。企業が健康体であって、初めて構造改革は成功する
SEO集客の「好循環」を生み出す「コンテンツ・被リンク・バランス」
ニュー被リンクとオールド被リンクの違い比較。安定的上位表示・不動の1位表示の要、オールド被リンク
月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる
PR