忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

訪問


そういえば、Googleのクローラーが一日に一回だった訪問が、一日に2~3回訪問してくれるようになったのは、あることを増やしてからの気がします。そのあることとは、内部リンクです。前に書いた記事のURLを関連とは、内部リンクです。前に書いた記事のURLを関連のある新しい記事に貼り付けるようにしました。それから一気にGoogleクローラーの一日の訪問回数が増えた気がします。もしそうであれば、やはり内部対策は重要だということです。内部リンクを貼るようにするだけでGoogleのクローラーの訪問回数が増えるなら頑張りますわ(笑)。外部対策はさほどしていないので、内部対策を強化したことによって、Googleのクローラーが訪問してくれるようになった。やはりGoogleは外部対策よりも内部対策を重視しているという証拠ですね^^。外部対策しても仕方ありませんもんね・・・確かに・・・。内部対策としてコンテンツを強化した方が、ユーザーのためにもなりますし、ユーザーも喜んでくれます^^。

内部対策の要、コンテンツSEOとは。コンテンツ版、三本の矢「キーワード最適化,充実度,独自性」

催眠の退行とは?ヒプノHP
退行 催眠

順位SEOと集客数SEO。個々のURL順位に頼らず全体の勢い集客数に頼る
中長期で通用するSEO対策用サテライトサイトの制作コスト目安。衛星サイト原価、最低3万~5万円
Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
「優先順位」高い順に仕事こなせ無くなった時が緊急休養のタイミング
検索順位を上げるコツ。そのページ(URL)の「コンテンツ」に適したアンカーテキストで被リンク供給
対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO
グーグルSEOに強いWebサイト。高強度「サイトアーキテクチャー,コンテンツ,被リンク,更新」
Google SEO対策は2030年に2012年の512倍ほど難易度上がる。SEO未来予測まとめ
SEO成功するキーワード割当方法2つ。ページに沿うキーワード割当てる。キーワードに沿うページ作る
営業目的ブログとSEO集客目的ブログに分離。集客は機動、営業は人心
キーワードAで最適化されたコンテンツを複合キーワードABでGoogle安定上位表示は可能?不可能
SEO集客アップの4要素。「安定1位表示の3要素」+「コンテンツの量」
逆SEO対策とは。標的URLの検索順位を下げる対策。「虚偽の風説」を流布するページの順位を落とす
2012年後半のSEO対策。傾向と対策。情報量・コンテンツ不足のURL、上位表示被リンクコスト増
PR

文字数


ブログの文字数が300文字でもアクセスはなく集客できていません。うちにとっての300文字は長文で苦痛極まりないというのに・・・(笑)。通常で1,000文字とか書いている人にとっては300文字なんて短文でひよっこみたいなものかもしれませんが、うちにとっては一大事ですよ?!。結構入力したなぁ、結構書いたから手が疲れちゃったよ(汗)と思い、文字数をチェックすると、200文字いっていないときもあります(笑)^^;。笑い事じゃないのですかね・・・。ダラダラと長く書くのはうちは好きじゃないので、苦痛以外の何物でもないのですよ・・・。同僚に文字数が300文字でも集客できていないしアクセスがなくなっていると言われましたが、300文字だからじゃないのかい?と思い始めているところです。だってうちの短い記事満載のメインブログ(笑)、クローラーが毎日、しかも1日1回だったのが、1日に2~3回は来るようになりましたもの。

催眠を使ったカウンセリングサービス、池袋店ホームページ
池袋 カウンセリング

SEO集客増加のポイント「被リンクの伴うコンテンツを増やす」「常にコンテンツと被リンクはセット」
情報充実URLは順位上がり易く情報不足URLは上がり辛い。ネットショップ商品ページも例外では無い
被リンクとは。被リンク7個=負荷7。被リンク50=負荷50。負荷調整・負荷管理が被リンク対策の要
Web営業パーソンとリアル営業パーソンの二本立てで現実世界とインターネット世界を攻略する
SEO集客Blogは更新日(更新頻度)固定厳禁。集客Blog群全体で集客数固定
安定集客。内部SEOは前輪、外部SEOは後輪。2輪車(検索順位)は「前輪だけ」で安定して走らず
なぜエンパワーメントが必要か?何でもセルフ志向な経営者は滅びる
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムで発生するペナルティ
「Bingで上位表示、Googleは検索圏外」原因。被リンク過剰パターン化
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
経営の玄人「経営家」。インカムゲイン目的の企業所有の玄人「投資家」。「経営家+投資家=資本家」
SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)は継続更新不要。更新無しでも「1位表示させる力」失われず
画像リンクを増やす
外部SEO戦略。被リンク強度は固定し、貼られ続ける固定被リンクを増やす。オールド被リンク増⇒安定
購買目的キーワードは短期で新規売上あがる。情報収集目的キーワードの一部は中長期で新規売上に繋がる

違う事


やはりライバルサイトとは違うことをやって、初めて検索結果の上位に表示されるようになってきます。ライバルサイトと同じことをやっていてもどんぐりの背比べ状態が続くばかりでいつまでたっても検索結果の上位に自分のサイトが表示されることはありませんし、もし上院表示されるにしても、時間と費用が掛かります。であれば、時間やお金をかけるよりも、他人・ライバルサイトと違うことをすればいいだけの事なのです^^。時間もお金もかけることはしなくて済むのです。ただし、他人やライバルサイトと違うことを考える時間は必要です。手当たり次第何でもやればいいというわけではありませんから。他人やライバルサイトと違うことを考えることに費やした方がいいのです。人気のキーワードで上位を狙うためにお金と時間をかけるのではなく。人気キーワードにお金と時間をかけるというのは、他の人もやっていることなので、どちらにせよいくらお金と時間を他人よりも使ったからと胃って差別化にはなりません。

熱い鉄だけを徹底的に打つ。冷めたら打たない、再加熱の努力もしない
地盤沈降が進むリアル店舗。地盤隆起のWeb店舗。中資本企業もSEO参戦
サイトアーキテクチャーとは。要所3つ。URL論理構造、HTML(ページ)論理構造、リンク論理構造
国内景気見通し。中小企業は?日本経済、2014年・2015年。構造面に着目
「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い
上位表示維持の足枷になる被リンク、足枷にならない被リンク。弱いバックリンク,強いバックリンク
Google検索の被リンク対策で「ドメイン分散」は必須。「IPアドレス分散」は必須では無い
テキストリンクを増やす
獲得済み被リンクに占めるニュー被リンクの割合が高まると順位不安定に。オールド被リンク増加で安定へ
重複コンテント(Content)セーフ、重複コンテンツContentsはアウト
Google当局が行う2つの調節。被リンク緩和・被リンク引締め、コンテンツ緩和・コンテンツ引締め
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズム下で発生する順位現象
「企業体力が有る」内に構造改革を進めるのが経営家。企業が健康体であって、初めて構造改革は成功する
SEO集客の「好循環」を生み出す「コンテンツ・被リンク・バランス」
ニュー被リンクとオールド被リンクの違い比較。安定的上位表示・不動の1位表示の要、オールド被リンク
月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる